社長ブログ

QBネットの3Qを読み解く

2018年5月15日

QBネットHDが第3四半期の決算説明の資料を出しました。

 

上場してくれるとこういうのが見れるのがうれしいですよね

出来れば株主総会に参加してみたいものです。

 

➀ 売上

まず第三四半期までの売上が142億2100万でした。

昨対で108.2%だそうです。(既存店では103.2%)

素直に凄いです。

店舗数を年々増やしているので、当たり前っちゃー当たり前だけど、この店舗数を維持どころか、増やしていけるのが素直にすごいと思う。

 

 

グループ全体でしか売上の発表がないので違っているかもしれませんが

全店舗数が668店

売上14,221百万

つまり、14,221 / 668 = 21.29

1店舗あたり2,129万の売上となり1カ月当たりだと236.6万

これは少ない感じもします

 

駅の構内店など、小さい店舗が多いのが原因かと思います。

ただ、北陸を中心に展開しているカット屋さんの平均から考えると、多いですね

 

➁ 営業利益

営業利益は営業利益率で7.8%(我が社は7~9%)

これは普通の感じか。

 

と、思ったが。FC店があるのを忘れてました(^^;

FCの場合って、利益率が高くなって当然だから

それを含めて7.8%は低いようにも感じます。

 

ちなみにFC店の割合は15%(82店舗)

既に上場しているアルテHDの決算からも読めるように

FC店は利益が取れるはずなのに、どうしてなのかは謎。

 

まとめ

QBはなかなかすごい

 

とはいってもQB上場してくれたおかげで、理容業の決算を見ることができた。

これがなにより自分には大きく、勉強になる。

まだ、数字からは読めない部分もあるが、本決算や総会などでもう少し深く研究していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。