社長ブログ

サービスの均一化

お客様の全ての人を平等に扱わなくてはならない。

 

「今日は暇で時間があるからちょっとサービスでこれをしておきますね〜」

これって、結構言いたくなりますよね。

けど、隣の人はそのサービスを受けて、自分が浮かなかったら、面白くないですよね。

毎回暇でやってくれてたのに、最近ちょっと忙しくなったから、してくれなくなったよねって、なりかねないですよね。

 

だからお客さんに対するサービスって、平等じゃないとダメなんです。

けど、時間があるからって、このお客さんにしてあげたい気持ちは、とても大切なんです。それは間違ってないんです。そして、それがすべてのお客さんに対してできる事なら、やってあげればいいんです。

 

なぜなら、それがサービスの向上につながるから。

 

しかもこれって、大きいスタッフが何人もいる美容室も、個人でやってる小さな美容室も同じだと思うんです。

1人でやってるから、お客さん一人一人に違ったサービスを!ってやってると、それを知ったお客さんの満足度が下がって失客につながる。

良かれと思ってやっていた事が仇になって帰ってきてしまう。

 

もし、サービスの差別化をするなら、明確なランク付けをしてすればいい。

 

そのランクのお客さんの中で平等なサービスを提供すれば、満足度の低下にはつながらない。

 

スタッフのお客さんに対する、やってあげたいという素晴らしい気持ちを叶えてあげられないこのモヤモヤ。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。