今日からすこしずつ、社長としての考えや思った事を書き綴っていきます。

 

私たちの髪の毛をカットするという仕事は、50年後も100年後も無くなる仕事では無いと考えます。ただし、その業態や業種は変わってしまう可能性はあります。

現在、頭髪をカットして料金をもらう事ができるのは、理容師と美容師だけです。これはこの先も変わらないでしょうが、理容師と美容師の垣根がなくなる可能性はあります。

 

私達の会社が50年先もしっかりと営業して、スタッフ全員が、幸せで楽しく豊かな生活を過ごせるようなそんな会社を作っていかなければならないと思っています。

 

それには現在シャインのスタッフが、上にも書いたように、スタッフ全員が幸せで楽しく豊かな生活でなければならない。

 

幸せとか楽しいとか豊かさって、人の感じ方だったりするので、全員をってのがなかなか難しいとは思うが、会社としてはそれを願って組織づくりをしています。

まず、仕事って何のためにやってるんだって話になるんだけど、そりゃ、やり甲斐とか充実感とかあるかもしれないが、ぶっちゃけお金ですよね?

実際、僕自身がそうだもん。

宝くじが6億とか当たったら、一気に考え方変わると思う。従業員の中には、仕事を辞めちゃう人もいるでしょう。

金銭的な豊かさって、やはり重要だと思う。その事で幸せに感じたり楽しく感じたりする人は多いだろうし。

けど、豊かさって金銭的だけじゃなかったりするんだよね。例えば心の豊かさ。人は他人から感謝されたりすると、嬉しく思ったり幸せに感じたりします。他人に何かをしてあげる事が出来るって心が豊かじゃないと、なかなかできないんですよね。

 

私たちシャインはそんな豊かさを通じて、スタッフの幸せや楽しさを実現できるような組織を作っていきたい。