その他の山

「剱、立山」 大自然を堪能

9月の第一月曜の連休。毎年登山へ出かける事にしている
今年は「立山と剱岳、奥大日」の計画を立てた

毎年のことだけど、天気予報はあいにくの雨。。。
今年の山行はホント天気に恵まれない。。。

富山には前日に入り、立山駅からの朝一番のケーブルカーを狙う

が。。。これも案の定遅刻www

2015_tateyama0002

2015_tateyama0001

まあいいんです。これに乗っても、高原バスは始発に乗れる事だし
初のケーブルカー、斜度が思っていたより急でちょっとビックリ。このケーブル切れたらヤバイなぁなんて思っていたり・・・

2015_tateyama0003

2015_tateyama0004

美女平に到着も外は雨。。。ひっそりとした駅が余計に寂しさに拍車がかかる
それでも、高原バス乗り場には多くの登山者が

2015_tateyama0005

40分ほどのバスの旅も外はガス。ほとんど楽しむ事はできない

2015_tateyama0006

2015_tateyama0007

立山室道に到着

いよいよここからは登山がスタート
室道で水筒をいっぱいにしていざ開始!
歩き始めるとテンションはあがり始める。長い長い山行の始まりだ

2015_tateyama0008

2015_tateyama0009

この天候にもかかわらず、それなりの登山者がいて勇気をくれる

2015_tateyama0010

登ってきた室道方面を振り返る。けっこう歩いたなぁ

2015_tateyama0011

2015_tateyama0012

2015_tateyama0013

スタートして1時間ほどで一の越山荘へ到着
10分ほど休憩して雄山へと向かう

2015_tateyama0016

2015_tateyama0017

2015_tateyama0018

2015_tateyama0019

2015_tateyama0020

スタートから2時間半で雄山山頂
雄山まではほぼ雨。カメラをザックにしまい、ひたすら山頂へと向かった
山頂でのお払いを済ませ、縦走開始。次は大汝だ!

2015_tateyama0021

雄山から30分ほどで大汝に着いた。雨でとてもくつろぐきになれない。。。

2015_tateyama0022

途中先行者に追いつく。いったいこの先には何があるのだろう。。。
不安になるような景色だが、先行者のお陰でその不安も少し和らいだ
が、雨は弱くはならない。。。

2015_tateyama0023

大汝から富士の折立、真砂岳を経由して別山へ
大汝からは2時間かかった
途中、雨でまったく写真が撮れず・・・

前にも後ろにも登山者はいない。。。さみしい山行になったなぁ^^;
しかも、途中でラーメンを作る予定だったのだが、この雨で作る事もできない。
腹ペコでシャリバテになりそうだ

別山から1時間30分ようやく剣沢のキャンプ場へと到着
雨の中急いでテントを張り、ラーメンを作る。
持ち上げた500のビール4本のうち1本を飲み干すwww

と、とたんに猛烈な眠気が。。。
まあいつもの事なんですけどね^^;

そのまま夜までぐっすり。夜は夜で一人宴会w

朝の天候次第で剱岳に行くか行かないか・・・
判断が微妙になる予報。
朝になって天気予報を確認すると「台風」の文字が・・・
去年秋の唐松で台風には散々な目に合わされている
予定を切り上げてこの日のうちに下山することを決意

2015_tateyama0024

4時の時点で前剱の頭が見えている。
とりあえず、駆け足で行ってみよう!

と、言いながら5時30分テン場を出発w

2015_tateyama0025

2015_tateyama0026

剱岳に取り付いてみるとそれなりに登山者が

7時10分前剱到着
山頂で富山からの男性4人のパーティーが撤退を決意
それに引きずられるように、撤退を決意した。

2015_tateyama0030

またもや雨の中テント撤収・・・
台風の予想のせいか、周りの人達も足早にテントを撤収していた
剱御前小屋までくると景色は一変
地獄谷まで見渡せた

2015_tateyama0031

一気に雷鳥沢まで下る
ここからは風が強かった。テン場でテントが吹き飛ばされそうになっていた

2015_tateyama0032

地獄谷などの景色を堪能しながら室堂をめざす

2015_tateyama0033

2015_tateyama0034

2015_tateyama0035

みくりが池、ここまで来ると観光客がいる

2015_tateyama0036

室堂到着。多くの観光客に「大きな荷物ですね~」なんて言われながら今回の山行を終えた

2015_tateyama0037

帰りのバスからは剱岳が・・・
前剱での判断が正しかったのかどうだったのかはわからないが、姿を見ると少し悔しい感じ。
また行けばいいや~と自分に言い聞かせながらバスに揺られていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。