山道具

縦走登山にも使える!おすすめのモバイルバッテリー

どうも、

山でも「スマホ」なちゃまです。

最近は、山でもスマホやipadを見かけることが多くなりましたよね?
皆さんもスマホくらいは持って登山や縦走に出かけるんじゃないでしょうか?

しかし、最近のスマホはめっぽうバッテリーが弱い。ちゃまが使っているiphone 5も1日どころか使い続けると2時間ほどで電池切れなんてことも・・・こんなんでは、スマホでGPSのログをとって登山したりするにも不安でたまらないですよね

というわけで、今日は「大容量で縦走にも使えそうなモバイルバッテリー」をご紹介したいと思います。

スマホを充電するのに十分な容量とは?

モバイルバッテリーには「mAh」という記載がある。この「mAh」って何?って感じですが、簡単に言うと1時間にどのくらいの電気を流せるか。ってことらしい。
例えば、10000mAhのモバイルバッテリーの場合10000mAの電流を使うと1時間で空になりますよ~ってこと。
また、その半分の量の5000mAhの場合だと2時間で空になる。
つまり、この「mAh」の値が大きいモバイルバッテリーの方がスマホの充電を何回もできると言う事になるので、非常に重要だ

出力する力

上に書いたように「mAh」が重要だと言う事は良く分かったが、単純に10000mAhだからこれでいいや!って言うのは少し危険だ。
これはあくまでもモバイルバッテリーの容量で次に問題になるのが「出力する力」。説明書には3.7Vとか書いてあると思う。
しかし、スマホやiphoneなどの場合「5V」必要だ
そのため3.7Vなどの場合「DC/DCコンバータ」なる電圧を上げる回路が入っているらしい。
そして、その際にどのくらいの電流を流せるのかもまた重要です。スマホなどを購入の際の充電用のACアダプターが5Vで何mAhで充電するのかをチェックして参考にしてください。

「ちゃま」おすすめ登山用モバイルバッテリー

そこで、ちゃまが自信をもっておすすめするモバイルバッテリーは「cheero Power Plus 2 mini」です。
モバイルバッテリーを山にもって行くために、さんざん調べつくして購入したのがこれです。

購入の際に気をつけた点

  • おおきさ
  • 重量
  • 容量
  • 出力スペック

この「cheero Power Plus 2 mini」は「手のひらに収まるくらいの大きさ」で、重さは「160g」とそれほど重くもない。容量は「6000mAh」とiphone5を2.5回充電できるし出力は「5V/2.1A」とipadでも問題ない。

付属機能のLEDライト

山でのテント泊やナイトハイクなどの時に「ライト」は必需品。当然、携行する装備に入れなくてはならない物の一つではあるが、万が一忘れてしまった時や、途中で電池が切れてしまう時だってありえる。そんな時にも、「付属機能のLEDライト」があるから、少しだけ安心できます。

まとめ

この「cheero Power Plus 2 mini」なら、自信を持っておすすめできる縦走登山にも使えるモバイルバッテリーです。
ただし、3泊くらいならね^^;

それ以上の縦走登山の方は「cheero Power Plus 2 mini」を2個持っていくか、さらに大容量の物を使ってください。

以下のサイト(amazon)で購入できます。2013/10/19現在2,550円送料込み!絶対お買い得ですよ
cheero Power Plus 2 mini 6000mAh (イエロー)

ちなみに「ちゃま」はこれの黄色を買いました。
なぜ「黄色」って?べつに心から黄色が欲しかったわけではなくて、たまたまその時は「黄色」だけが安かったんですよ^^;
どうせザックの中に入れっぱなしの「アイテム」だし、色にはこだわらなかったって訳ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。